BACK
岡本 千恵 (Chie Okamoto)

澄みきった伸びやかな声、女性らしいリリカルなフィーリングが好評をはくしている。
朝日カルチャーセンターをはじめシャンソニエ・ルフランなどでポピュラー・シャンソン教室を主宰、シャンソンの普及に努める。
また、毎年7月にパリのシャンソニエ「ラパン・アジル」よりゲストを招き、自ら「パリ祭」を主宰。2001年で18年目を迎える。
11月には福岡市民芸術祭参加事業として多彩なゲストを迎え「枯れ葉に寄せて」コンサートを行っている。
また、老人ホームの慰問、TV、ラジオ出演、様々なチャリティーコンサート等幅広い音楽活動を行っている。
1983年岡本千恵シャンソン特集をコロンビアレコードにて制作。
姉妹都市提携記念式典(日仏協会主催)の際、国際ホールにてシャンソンを披露。
1985年菅原洋一「九響と歌う」(NHK放映)でサンパレス出演。
1990年福岡中洲に「シャンソニエ・ルフラン」をオープン。

1991年福岡市民芸術祭に「枯れ葉に寄せて」コンサートで参加。
福岡市民芸能祭参加(福岡サンパレス)
1992年全14曲入りCD「郷愁」を発表。
1993年京王プラザホテルにて「めぐりあいコンサート」を主催。
1994年パリにてイヴェット・ジローさんを迎えてサロンコンサート。
1995年「阪神大震災チャリティーコンサート」に参加。ミッシェル・ベルガム氏とジョイントコンサートツアーを行う。「愛のチャリティコンサート」で福岡市民芸術祭参加。

1997年2ndCD「愛の伝説」発表。フランスツアー第14回パリ祭(福岡7月6日以後北九州、久留米、沖縄が決定)
同年10月「秋のシャンソン&童謡コンサート」
同年11月「枯れ葉に寄せて・コンサート」福岡市民芸術祭参加。
1998年北京、人民大会堂にてシャンソンを歌う。
同年7月第15回パリ祭(福岡、北九州、沖縄他)
1999年カンボジア地雷撤去キャンペーン・チャリティーコンサート参加。イヴェット・ジロー主版記念パーティー主催。
2000年3rdCD「人生は美しい」発表。

○近 況○
精力的にライブセッションをこなしている
○トークバック○
自分の信じる道を歩き続ける人はいつも美しいと思います。